読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外で稼げないなら家で稼ぐしかナイ!

長期ニートが絶対に働きたくないニート、引きこもりに役に立つ情報を発信していきます。

難しい言葉を使ってブログを書いている奴はバカが多い

人様のブログを最近読ませて頂く機会が最近多くなっています。

そして、ブログを読む事で自分1人では死ぬまで知る事ができないであろう事をたくさん学ばせてもらっています。

皆様ありがとうございます。皆様の日常は引きこもりのおんきちにとって非日常である場合が多いです。

さて今回、言いたいのは難しい言葉を使ってブログを書いてる奴はバカが多い!というものです。

一見しなくても穏やかじゃない意見です!でも、私が言っている事は一理あると思います。

皆様はどう思われるでしょうか?

難しい言葉を知っていると言う事は頭が良いんじゃないの?と思われるかもしれません。

でもそれは間違っています。難しい言葉を知っている人は知識があるだけであって、頭が良いわけではありません。

 

大抵の奴がこんなに難しい言葉を知っていて使えている私は頭がいいだろう!とアピールしている奴ばかりです。

私から言わせれば、難しい言葉をブログで使う人は総じてバカです(専門的なブログは除きます)。

誰しも、ブログを書くという事は多かれ少なかれ自分以外の誰かに見てもらいたいと思って書いているハズです。

それなのに、難しい言葉を使ったらその記事が何の事について書いているのかわかりずらくなってしまいます。

あなたが伝えたかった事がそれだけでボヤけてしまうのです。

自分の知らない言葉が出てきた時にわざわざ調べるような意識が高い人はそんなにいません。

時間をかけてきちんと書いた文章が人に伝わらないのって悲しい事だと思いませんか?

そう思うなら今すぐ、ブログで難しい言葉を使うのをやめましょうよ。

難しい言葉をブログで使ったからと言って、尊敬されたりはてブが付く事はありませんよ?

むしろこの人、何がいいたいんだろ?と思われてブログを閉じられてしまう可能性が高いと思うのです。

だって文章の意味がわからなかったら面白くないもの。

 

あなたは難しい言葉を使う事で自分で自分のブログを台無しにしていませんか?

最後に

私が頭が良いと思う人は知識があるだけでなく、それを上手に扱ったり組み合わせたりできる人の事です。

ちなみに天才は既にあるモノを組み合わせて新しいモノを生み出す事ができる人の事だと思います。

天才は発想が常人とはかけ離れている事が多い気がします。後、変人ばかりですよね(いい意味でw)

以上、凡人以下の引きこもりニートの寝言でした。

▼クリックの応援よろしくお願いします▼

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ